HOME>注目記事>税理士を活用する目的と準備方法について紹介します
パソコンを操作する人

活用する目的とは

東京で会社設立をする際に税理士を活用する目的は、社会保険料や法人税を節税できる効果があるからです。税理士に依頼すると、税務署に事前に設定した給与額を届け出ることができる事前確定給与届を使うことができます。それによって社会保険料や法人税を節税させる効果があります。各種減税制度が受けられる点も、会社設立時に税理士を活用する目的の一つです。最近できた新しい節税制度には、設備投資した時と人を採用した時で、これらの制度は1年目から活用することができます。会社設立に税理士を活用する目的は節税だけでなく、資金繰り実績表を作ってもらえるという点もあります。会社を経営する場合、日々の帳簿をつけることと同時にお金の流れを予測することも重要です。いつまでに取引先から入金されて、いつまでに下請けに支払わなければならない、その流れを把握しておかないと残高不足になってしまう恐れがあるので、税理士に資金繰り実績表を作成してもらうのは有効です。

準備はどうすればいい

東京で会社設立をする際に準備しておかなければならないことは、会社名を決めておくことです。会社名を決める際に注意する点は、会社名のどこかに株式会社や合同会社などの会社の種類を記載する必要がある点です。また会社名に見た人の誤解を招くようなものにしないことがポイントになります。会社名を決めたら次に行うのが事業目的を決めることです。事業目的は定款を作成する際に必要になります。さらに定款に記載された事業目的以外の事業を行うことができないので、よく考えてから決めることがポイントです。本店所在地をどこにするかも、会社設立準備時に必要です。最近ではバーチャルオフィスやコワワーキングスペースも本店所在地にすることができますが、賃貸物件の場合、契約によっては法人不可のところもあるので注意しましょう。

広告募集中