HOME>ホットトピックス>企業のタイプから相応しい設立方法を選ぼう

まずは会社のタイプを選ぼう

会社設立には法律が絡んできます。会社は誰でも自由に作れるようにはなっていますが、作れるタイプや手続きには法律による制限があるのです。まず作れるタイプは最も有名な株式会社が挙げられる他に、3つの持分会社があります。持分会社のうち、現実的に利用されているのが合同会社です。特に小規模な経営を目指し、経営に参画する仲間を絞りたい時には、合同会社を選んでいくと良いでしょう。他に合資会社、合名会社がありますが、使い勝手は良くなく、こちらで設立されるケースは稀です。有限会社は現存していますが、新しく作ることができなくなってしまいました。このために、現在の選択肢としては経営スタイルや方針から、株式会社か合同会社になるのが一般的。東京で起業する際には、まずはどちらのタイプを選ぶかを決めていきましょう。

会社タイプによる手続きの違い

株式会社も合同会社も、設立するためには法律に基づく手続きが必要になります。複雑なのが株式会社で、より手軽で費用も安いのが合同会社の魅力です。いずれの会社を選ぶかで、公証人に定款を見せなければならなかったり、用意すべき書面も違ってきます。東京では会社設立手続きに関して詳しい税理士や司法書士がたくさんあるので、相談していきましょう。

税務署や官公庁への届け出

会社を設立した後は、法人税などを支払う義務が生じてきます。よって設立した後は各種の官公庁に届け出を行っていきますが、これが割と手間がかかるもの。東京では税理士などに相談すると会社設立の負担が大きく削減できるので、幸先良いスタートを切るためには、活用していきましょう。

広告募集中